専業主婦でも借りられるカードローンをチェック

融資をしている金融業者は主に3つにわけることができます。
銀行と消費者金融と信販会社です。
各金融機関では守る法律に違いがあり、専業主婦が借りられるかどうかは総量規制という法律が関係しています。
専業主婦が借入するには金融機関を選ぶ必要があります。

総量規制とは

消費者金融と信販会社は貸金業法という法律を守り融資を決定しています。
貸金業法の総量規制では借入は年収の1/3までと制限されています。
総量規制では年収のない人は(例外はありますが)借入が認められていません。
専業主婦は消費者金融や信販系では借入れすることができません。

銀行は総量規制対象外

銀行は銀行法が適用され、貸金業法の総量規制は対象外です。
総量規制対象外であれば自分自身に収入がなくても借入ができます。
専業主婦は総量規制対象外の銀行なら借りられます。

消費者金融は総量規制の対象

プロミスやアコムなどの消費者金融は貸金業者にあたり、総量規制の対象です。
パートやアルバイトをしている主婦なら借りれますが、自身に収入がない専業主婦は融資が受けられません。
信販会社も同様に貸金業なので総量規制の対象であり、専業主婦はキャッシングすることができません。

配偶者貸付

総量規制の対象であっても借りられる例外があります。
配偶者と合算した年収の1/3まで借りられる配偶者貸付です。
この配偶者貸付をしている業者は少なく、また配偶者の同意書や婚姻の証明ができるものなどが必要です。

 

銀行のカードローンでは配偶者貸付の制度ではなく借り入れができるので配偶者の同意書は必要ありません。
安定した収入の定義については詳細はこちら(⇒専業主婦がお金を借りる方法について)のサイトで知ることができます。

 

借りれる銀行カードローンはここ!

すべての銀行カードローンで専業主婦が借りられるわけではありません。
総量規制対象外の銀行でも貸付を本人に安定した収入がある場合に限っているところもあります。

専業主婦はいくらまで借りられる?

収入のない専業主婦への貸付は借入限度額を抑えられています。
多くて最高限度額50万円、通常は30万円がほとんどです。

銀行カードローンの特徴

銀行カードローンと消費者金融を比べると金利が低く設定されています。
金利が低いほうが返済時の利息は少なくなります。

収入証明書が不要

専業主婦は収入がないので本人の収入証明を提出することができません。
貸金業法では収入証明書の提出が義務ですが、銀行カードローンでは提出義務がありません。
旦那の収入証明も必要としていません。

内緒で借りられる

契約には保証人はいらず、審査では旦那の在籍確認もしません。
そのため旦那にバレずに借りることができます。
申し込みもネットから自由な時間にでき、人目を気にせずにすみます。
プライバシーも考慮されているので家族だとしても本人以外からの問い合わせに借入の有無や残高などを公開することはありません。