審査不要のカードローンは本当にある?

カードローンの審査なしの会社を探している人はたくさんいます。

 

しかし審査不要のカードローやキャッシングはこの世にはありません。
それはカードローンが無担保・保証人なしの『信用貸し』という考えの下に貸出を行っているからです。

 

審査にて『お金を貸しても必ず返済できるだけの能力があるか』『いくらまでなら貸しても完済できるか』を判断します。
必要書類も金額が大きくなければ身分証明書だけで借りられる手軽さの反面、審査はしっかり行われます。

審査は完全非公開

キャッシング会社の審査部がすべての審査を担当します。
どんな条件なら審査が通るのか、どんな人落とされるのか、内容は非公開とされているので教えてもらうことはできません。

 

問い合わせフリーダイヤルに連絡をしてオペレーターに聞いてもわからないといわれます。

 

それでも実際に審査通過した・しないの情報は多くあり、どの様な点が審査で見られているのか・重視されているのか審査基準の傾向がわかっています。
次で紹介します。

カードローンの審査で審査部が見ているポイント

申込み時に入力した内容

年収、他社借入額
勤め先の情報を誤魔化していないかを確認します。
年収は多めで借入額はちょっと少なめに、アルバイトなのに正社員ということにしておいて…と借りたい気持ちから嘘の申告をする人がいます。
信用情報でバレるので、逆に信用を落とす結果となります。

属性のスコアリング

申込者がどの様な人物なのか?
各項目にコンピューターが点数をつけていき、点数の大きい方が良いとされています。

  • 年齢
  • 正社員・契約社員・アルバイト・自営業などの雇用形態・勤続年数や保険の種類
  • 独身か既婚かの家族構成
  • 持ち家か賃貸かの住居の種類と居住年数

上記のような個人に関する情報を確認し、返済能力を図っています。
勤続年数は長いほうが良い、契約社員より正社員の方が良い、マンション住まいより一軒家住まいの方が良いという具合です。

.事故情報

過去に滞納・延滞を繰り返していないか?自己破産をしていないかなどブラックの要素がないかを見ます。
ブラックリストに載っていれば、返済能力を疑われ審査落ちとなります。

カードローンの審査に通るためにできること

申込み前と申込み時ににできることがあります。
できることは済ませておけば、審査通過率を上げることができます。

 

すぐにでもお金を借りたいのに、無職の専業主婦が仕事についたり、勤続年数など属性についてはよくしたくてもできるものではありません。
できることをできるだけやっておくことが大切です。

申込み前の注意点

すでに借り入れがあれば完済できるものは完済しておきましょう。
借入件数はできるだけ0に近いほうが望ましいです。

 

できなければ少しでも返済し、借入総額を減らしておきたいものです。

申込み時の注意点

  • 何社も1度に申込まない
  • 一気に3社・4社と連続しての申し込みは避けましょう。
    とてもお金に困っていると評価されてしまいます。

     

    必ず1社のみに申込んで下さい。

  • 申込みの情報は正確に
  • 信用を下げないように、全ての入力項目に正しく応えましょう。
    アドレスを1文字でも間違っていれば、審査結果のメールも届きません。
    ありのままを申告しましょう。

  • 借入希望希望額は小額で
  • まだカードローン会社に信用はない時点で大きな金額の借り入れは不可能です。
    少ない金額での申込みであれば『これぐらいなら大丈夫だろう』となる可能性が高くなります。

     

    最低半年、遅延・滞納せず返済履歴を積んでいれば、限度額の増額申請も可能です。
    まずは数万円程度にとどめておきましょう。

キャッシングの審査豆知識

クレジットカードを利用しない現金主義の人は要注意!
クレカ利用履歴が全くない人は『スーパーホワイト』と呼ばれ、逆に怪しまれることになります。

 

ブラックリストに乗っている人は5年から10年間はクレジットカードを作れません。
自己破産の場合は10年経つと信用情報から事故情報が消えます。

 

事故情報がないのに、クレジットカード利用暦がないのは「この人は何らかの理由でローンを組めなかった人では?」と思われ、審査では敬遠されます。

 

借入したいけれど直近でないのなら、公共料金や携帯電話・スマホの料金、買い物の支払いにわざとクレカ払いにするなどで利用実績を積んでください。

 

現金主義は悪いことではありませんが、スーパーホワイトも金融会社側から見たら好ましくないということです。